0kcal食品とダイエットについて



パーソナルトレーニングジムLUAANA(ルアーナ)蒲田店スタッフのマットです!今回は『0kcal食品とダイエット』について説明していきたいと思います!

【日本のルールであるカロリーゼロ表記】

「カロリーゼロ」と書かれているので、当然『カロリーは含まれていない』と思いがち。成分表には「0kcalと書いてあるのにと思うかもしれませんが、実はそうではないことをご存じでしょうか?日本には『栄養表示基準制度』という決まりがあり、それに違反しない範囲での記載が認められた場合『100mlあたり5kcal未満』であれば、カロリーゼロ、ゼロカロリー、ノンカロリー、といった表記をしても良いことになっています。

従って、例えば500mlの『ゼロカロリー』飲料を買ったとして、100ml当り4.9kcalだったとしたら500mlはその5倍なのでカロリーが約『25kcal』であることになります。 ちなみに、『ゼロカロリー』よりも基準が甘そうな『カロリーオフ』の表記は、100ml当り20kcal以下の表記が可能のため、もっとカロリーが上がります。


【カロリーゼロなのになぜ甘い?】

しかし、カロリーゼロは、通常よりもカロリーが低いことは事実なのです。でも「甘いのになぜカロリーが低いの?」と思いませんか? 砂糖を使わないなら甘くならないでしょと思うはず。その理由は人間が人工的に作った砂糖が使われているから。その名も『人口甘味料』です。 人工甘味料とは、人間が人工的に作った甘く感じる成分です。つまり少量で砂糖よりも何十倍、何百倍もの甘さを作ることが可能なのです。


【体に悪影響なのでは?】

まず皆さんに知っていただきたいのが、人工甘味料そもそもが食品ではなく添加物ということ。 実際のところ食品添加物は安全性が検証されており、人体には無害なものだということ。しかし、勘違いしてほしくないのが、多量の摂取と継続的な摂取については検証されていないこと。だからある程度の量までで、過剰な摂取をすることで健康に害を与える可能性があるということを理解していただきたいということです。 「カロリーが少ないからたくさん飲んだり食べたりしていいんだ!」なんて思ってしまうと危険です!食品添加物はあくまでも人工的に作られた物質を身体の中に入れるのだから。そして定期的に摂ると、余計に甘いものを食べたくなってしまう「依存性」も人工甘味料にはあります。余計に甘いものを欲しってしまうため、人工甘味料を超えて本当の甘さを出す砂糖を求めてしまう可能性も大にあるということを考え食べるようにしてください。


パーソナルトレーニングジムLUAANA(ルアーナ)蒲田店は限定20名様まで通える通い放題のパーソナルトレーニングジムです!!20名の限定を保つことで予約の混雑を防ぎ、さらに月額¥29,800〜と安価設定となっています。初回カウンセリング無料です!お待ちしています!

閲覧数:25回0件のコメント