食べる食品を選んで上手くダイエットする

パーソナルジム蒲田店LUAANA GYM(ルアーナ)スタッフのマットです✨

今回の内容は"ダイエットをしたいあなた"向けに【食事誘発性熱産生】について解説していきたいと思います😊


私たちはご飯を食べると体が温かくなりませんか?🥵これは"食事誘発性熱産生"によるもの。


食事誘発性熱産生とは、食事をすると体に吸収された栄養素が分解され、体熱(エネルギー)となって消費されます。これは体を動かさずに安静にしていても体熱(エネルギー)となって代謝されますが、この代謝の増加を食事誘発性熱産生といいます。

※少し難しいと思うので簡単に説明すると、食べる物によって、安静にしても使われるエネルギー量が違いますよと言うことです😉✨


では、何の食べ物が1番『食事誘発性熱産生量』が多いのか?🤔🤔

1位 タンパク質(お肉や魚)

2位 糖質(ご飯、パン、麺類)

3位 脂質(バター、油など)


1位はなんとお肉やお魚などのおかずに属するタンパク質‼️

2位はご飯やパンなどの糖質‼️1位のタンパク質と比べると約5倍の食事誘発性熱産生量が違います🧐

3位はバターや油などの脂質‼️

したがって、脂や糖質ばっかり食べている人が太りやすいのはこのためです😭


食生活の中でいかに意識してお肉や魚、卵などのタンパク質を増やす事によってダイエットの進み具合は変わってきます😊

食事をする時に気をつけてほしいのは、

☝️おかずはガッツリと!

☝️糖質はほどほどに!

☝️脂質はなるべく抑えて!

この食生活がポイントとなってきます‼️

それでは脂質を控えるためにするべきポイントを解説します😉


①お肉の脂身はなるべくカットする

▶︎鶏肉の皮は剥ぎましょう。

▶︎牛や豚肉の脂身は切るか脂身が多い食品であるバラ肉は控えて、ロースや赤身肉を選びましょう。

②炒める時はクッキングシートを使うかテフロンのフライパンを使い油はなるべく使わない。

③油を使わない蒸す、煮る、生で食べる調理方法を基本とする。

この辺りを気をつけるだけでも大分変わってくると思います😊

是非実践してみてください☺️


ルアーナパーソナルジム蒲田店は「安価かつ贅沢に」をモットーに20名までの通い放題の完全個室マンツーマンパーソナルトレーニングであなたのダイエットや筋力アップ、ボディーメイク、体型維持を無料食事管理と共にサポートしています!まずは無料カウンセリングを!

閲覧数:4回0件のコメント